DR-Z乗りの過し方 インナーチューブの話
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こないだ組んだRMZ450のインナーチューブですが、
キャリパーブラケット以外にもいろいろと違いがあります。

インナーチューブの長さですが、後述するアクスルブラケットのサイズが小さいせいで
見かけ上DRZ400SMより長いですが、アクスルシャフトの位置は少し上にずれます。
突き戻しで調整できる範囲だとは思います。



アクスルブラケットの幅が細いです。
その他も全体的にサイズが小さいです。
その辺のおかげで持ってわかるレベルで軽いのだと思われます(笑)



アクスルブラケットのサイズが変わったおかげでダンパー調整純正よりしやすいです。
以前は地面に寝転がってやってましたがもうそんなことをする必要は無いですw




とりつけですが、フォークシール、メタル類はDRZの物でいけます。
RMZの方でもいけると思いますが、、、

アクスルシャフト、ハブもDRZの物です。
DRZのフォークブラケットがワイドスパンなのでRMZのアクスルシャフトは長さが足りなくなるそうです。
アクスルシャフト径は右側は同じなのですが左側がRMZの方が太いのでカラーを入れて締め付けています。
左側のアクスルシャフトのカラーも同じくカラー製作してあるそうです。

キャリパーサポートはRMZ用、DRZ400S用が使えます。
おそらくDトラッカー、KLX250用もいけるかと、、、
こちらもDRZのワイドスパンブラケットの影響で
キャリパーを数mm内側に入れるためにカラーを挟んでいます。

320mmディスク用のサポートが少ないDRZ400SMですが、
インナーチューブ交換で各種4podキャリパーが使用できます。

ここまで書いてアレですが、ヤフオクで買った物なのでRMZ450のインナーチューブの年式がわかりませんw




あとZETAのユニフローキャップを車体色にあわせて青から赤に交換しましたw
スポンサーサイト
管理者にのみ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。